2018/10/18 17:46

かかし座オリジナルカレンダー最新2019年版発売!

例年、ご好評をいただいております、かかし座オリジナルカレンダーの2019年版の発売を開始いたしました。
創立1952年と、日本でもっとも歴史のある影絵専門劇団のかかし座ですが、影絵劇の上演やメディアで有名になった手影絵のパフォーマンスのみならず、独自の技法である“ハーフトーン・シルエット”により制作する影絵アートも特徴のひとつです。


↑2018年版のカレンダーより

「ハーフトーン・シルエット」とは
かかし座の影絵は単なる影絵ではありません。
かかし座の創立者、とうたいりうが考案し、その後かかし座で研究・発展させてきた影絵の製作に用いられる技法「ハーフトーン・シルエット」によって作られています。従来の白と黒で表現する技法に対して、光を通す薄い紙を2枚、3枚と重ねることによって光に濃淡をつけ、白と黒の間にたくさんの階調をつける表現を可能にしたもので、深みのある美しい影絵を成立させています。
かかし座ホームページの“Silhouette Art Gallery”より、過去カレンダーに使用された作品をご覧いただけます。

2019年版カレンダーのテーマは「日本の花と昔話」

2019年版のカレンダーは「日本の花と昔話」をテーマに、日本人になじみ深い童話と季節の花を影絵にしました。
1・2月…夢見小僧_梅
3・4月…花咲かじい_桜
5・6月…ぶんぶくちゃがま_ツツジ
7・8月…浦島太郎_枝珊瑚
9・10月…かぐや姫_秋の七草
11・12月…笠地蔵_椿

見開きA3の臨場感あるサイズで、美しい影絵をお楽しみいただけます。

壁掛け式で使い勝手も良いかかし座アートシルエット 2019 CALENDER、1年間のお供にぜひどうぞ。